癒しの森指圧鍼灸院|Q&Aコーナー

東京,鍼灸,指圧,マッサージ
年中無休12~最終受付22(終了は23時)

お気軽にお問合せください03-3987-6608

HOME > QandA

main_top.png

治療全般に関する質問

Q:指圧と鍼灸どちらが効くのでしょうか?
患者さんの感想としては「指圧のほうが気持ちがいいけれど鍼治療のほうが効果が持続する」と言われます。迷われるようでしたら指圧と鍼灸の併用コースをお薦めいたします。指圧と鍼の比率は症状を見て判断していますが、希望があれば「指圧多め」「鍼多め」等担当者にお伝えください。
Q:指圧や鍼灸で免疫が高くなるって大げさではないでしょうか?
鍼灸や指圧を受けて、「眠たくなる」「体がポカポカしてくる」「お腹が空いてぐ~と鳴る」という経験はありませんか?この反応は自律神経のうち副交感神経優位で起こることなのです。副交感神経が高くなると免疫を司る白血球のうちのリンパ球数が高くなることが知られております。リンパ球の比率が35%~41%なら理想的です。新潟大学の免疫博士安保徹先生は著書や講演会で「鍼灸治療は最も免疫を高める治療方法のひとつ」高く評価されています。
Q:温シップと冷シップどちらを貼れば良いですか?
打撲・外傷の場合、急性の炎症を広げないためにはアイスノンなど自然な方法で冷やした方が良いでしょう。痛みはプロスタグランジンやヒスタミンなどの炎症物質がたくさん出ていると起こります。この物質は副交感神経優位で血流回復時に出てきます。病気を早く治そうとする回復現象です。薬剤を張ると痛みが治まるのは血流回復反応を阻害するからです。長期間シップ剤を使用していると、全身の血管がしまり高血圧が起こります。また交感神経が緊張し肝臓でブドウ糖が大量に出たり膵臓のインシュリン分泌抑制が起こり糖尿病を発症することもあります。鍼灸の場合、血流を良くし、発痛物質を押さえ、痛み神経抑制効果もあります。

Q:整体治療をしてもらえますか?
当院では〝体のバランスを整える〟という意味での整体を行っております。「骨をボキボキ鳴らしてもらえますか」という意味で質問されることが多いですが、〝鳴らす目的では行っておりません〟。当院の施術では、骨の周辺の筋肉や腱、結合組織の血流を促進させ、自然治癒力を誘発します。骨は正しい位置に戻りたがっていますので特に「アジャスト」という手技を用いなくてもボキボキ鳴ることは多々あります。骨盤や背骨が歪んでいるといわれた方でも安心して受診していただくことができます。

Q:骨盤矯正をしてもらえますか?
施術前に、足の長さ、O脚やX脚のチェックをし、必要な方には骨盤調整を行います。指圧院なので〝ボキボキ〟させないで、周辺の筋肉や靭帯を緩めるソフトな方法とストレッチ運動で行います。
Q:足裏マッサージはやっていますか?
当院の足裏治療は〝指圧〟をベースに行います。足裏には涌泉 ( ゆうせん)という腎臓のツボがあります。ここを中心に、5本の指や足の甲(肝臓・胃・胆のう経絡)をまんべんなく刺激します。またアキレス腱内外(腎臓・膀胱)やふくらはぎ・すねなど足裏以外の施術に対応できます。リフレクソロジーを希望されている方がほとんどですが、体験されればみなさん「迷ったけど受けてよかった」と喜んでお帰りになります。 30分~45分全身指圧を選択し、担当者に「足を集中的にお願いします」と伝えてください。
Q:鍼治療は痛くないのですか?
痛みの少ない日本製の使い捨て針を使用しております。緊張すすぎている場合〝チクッ〟とすることもまれにありますが、苦痛を感じるほどではありません。
Q:鍼灸治療にはいろいろなやり方があると聞きましたが?
専門学校での指導や、資格取得後にどのような研修を受けたかによって違いがあります。「他店で一度受けたが効かなかった」というお話をよく聞きますが、緊張しやすかったり、症状が深い場合2~3回目の治療で反応が出てくる場合がありますので先生の指示に従って数回治療してみてください。
Q:お灸は熱くないのですか?
やけどしにくい温灸(せんねん灸タイプ)を使用しますので暖かく心地よい程度で取り除きます。※体調により、水ぶくれになることもありますが7~14日程度でほぼ元に戻ります。

Q&Aの最終更新日 : 2018-11-15

main_bot.png

main_top.png

不快な痛みに対して

Q:偏頭痛がひどくて困っています。
偏頭痛はストレスが多く脳の血流が低下しすぎた場合に、リバウンドとして血管が広がりすぎて神経を刺激することにより起こります。副交感神経過剰反射なので自律神経のバランスを調整するだけで治まります。15分のクイック指圧で消えてしまうことがほとんどです。ただし、しょっちゅう頭痛薬を飲んでいると薬物誘発性頭痛の場合があり、薬をできるだけ使わない、弱い薬に切り替える必要があります。施術しても止まらない場、風邪の初期症状や必須アミノ酸のトリプトファン不足かもしれません。長期に続く激しい頭痛でどんどんひどくなる場合、脳血管のトラブルの可能性もあります。そのような場合は病院での検査をお勧めします。
Q:ぎっくり腰で動けません!
急に腰に痛みが発生した場合は、アイスノン等で冷却し安静にして炎症をひどくしないことが一番です。この状態で指圧を行うと血流がさらに増え痛みが増すことがあります。鍼灸治療では、痛みを麻痺させる効果がありますので動けるようでしたら御来院ください。
Q:朝起きたら痛くて首が回りません!寝違いはすぐに治りますか?
寝ちがい(スジ違い)は、首肩周りの血流が長期間にわたり不足し悲鳴をあげていたので、回復させるために痛みを伴って自分の力(自然治癒力)で治している状態です。このような症状には血流改善をサポートする鍼灸治療が有効ですが、イスに座って行うチェアーマッサージでも痛みは軽減します。急性の痛みは治療を行ってもゼロにはなりません。痛みが来院時の半分ぐらいにになるのを目標とし施術いたします。
Q:後ろから車が追突してむち打ち症になってしまった。
相手の自動車保険で治療費を負担してくれる場合があります。通常、整形外科や接骨院等の保険が利く施設を斡旋されますが、そのような医院は終了時間が早く通院できない患者さんも多いのです。当院は最終受付夜10時まで(終了は夜11時)なので夜遅くまで仕事せざるを得ない方は保険会社と相談してみてください。
Q:五十肩と診断され病院に通院しているがなかなか改善しない。保険で鍼灸を受けたい。
五十肩の場合は通常発症から痛みを感じなくなるまで1年近くかかります。長期間の施術が必要なため健康保険で鍼灸治療を行うことが認められています。ただし、「医師の治療では治らないので鍼灸治療を受けたい」という希望を申し出、医師から同意を得た方が対象になります。また、鍼灸治療を保険で行うと五十肩という病名で医師の治療(電気温熱療法・シップ剤等)を受けることができなくなってしまいます。そのため、同意いただけないケース多々あります。保険で治療できる時間は15分程度ですが週に2~3回局所に鍼灸治療を行うことで疼痛期間を短縮することができます。

Q&Aの最終更新日 : 2018-11-15

main_bot.png

main_top.png

疾患別

Q:リウマチですが治療は有効ですか?。
リウマチは福田安保理論では、関節内に顆粒球が90%ぐらい増えている状態であるといいます。リンパ球が減少した免疫抑制状態だといいます。しかし、西洋医学の病態の理解は自分の免疫が悪さをしているとし免疫抑制剤が使われます。これが治らない原因といわれています。リウマチは健康保険適用疾患ですのでたいへん有効な治療方法です。お薬を飲まれているとなかなか改善しにくいです。
Q:便秘がひどいのですが出ますか?
出すものを出さないでいると、その毒素は皮膚から出たり(肌荒れ)、体内で燃やすことにより炎症が起きたり(関節炎)、血管に汚れをこびりつけて浄化しようとしたり(動脈硬化)、癌として一箇所に貯めておこうとします。血液が汚れた汚血は万病の元です。大腸が動かないのは交感神経過剰優位の状態ですから副交感神経優位にしていくことで対応できます。鍼灸治療とファスティング(断食)ジュースで劇的に改善した方もいらっしゃいますのお試しください。
Q:潰瘍性大腸炎ですが治療は有効ですか?
潰瘍性大腸炎やクローン病、胃潰瘍はストレスが強い場合、白血球の成分である顆粒球やマクロファージが増えすぎたことによって起こると言われています。交感神経か緊張が原因なので交感神経を高める薬をやめて自律神経を調整していけば症状は治まるでしょう。※豊島区在住の方は申請することにより機能回復受術券が6枚支給されます。1枚に付きご負担なしで25分施術可能です。
Q:痔で困っています。
肛門周辺の血流障害で発生しています。肛門周辺に鍼や灸をすると良いという症例もありますがそのような治療はしません。痔に効く特攻穴(頭・腕・腰など)を用いますので恥ずかしがらずご相談ください。
Q:アトピー性皮膚炎ですが治療は有効ですか?
ステロイド剤で長期間症状を押さえつけていた場合、酸化したステロイドが体内に貯まっているので良くなったり悪くなったりを繰り返し、長期間の治療が必要になることがあります。体内毒素を排泄し血液を浄化していかなくてはいけません。当院の治療と玄米菜食等の食事により病院でも驚くほど改善したかたもいらっしゃいます。
Q:美容目的の顔面部への鍼はやっていただけますか?
正しい治療を施しても1000箇所に3箇所の割合で皮内出血が起こると言われています。(青紫になが10日程度で元に戻る)そのため、人前に出る機会の多い方、皮内出血を起こしやすい方へは施鍼を行うべきではないと言われています。顔面神経麻痺や三叉神経痛、眼精疲労の強い方で皮内出血が発生しても良いと同意を得た場合には顔への鍼治療を行っております。
Q:精力減退(ED、持続力低下)で悩んでいる?
睡眠時間が短い方、栄養が偏っている、電磁波にあたりすぎの方によく相談を受けます。東洋医学では腎臓や肝臓の気が不足した状態であると考え、肝・腎気を補う治療を腰・臀部・腹部に行います。

Q&Aの最終更新日 : 2018-11-15

main_bot.png

main_top.png

営業に関する質問

Q:受付は何時までですか?
平日と土曜日は夜10時(22時)が最終受付時刻になります。夜11時終了になりますので、最終受付時刻から最大60分の指圧又は鍼灸コースが施術可能です。
日曜と祝日は夜9時(21時)が最終受付時刻になります。夜10時終了になりますので、最終受付時刻から最大60分の指圧又は鍼灸コースが施術可能です。
Q:クレジットカードは使えますか
現金のみのお支払いになります。近くにコンビニが多数ありますのでATMで引き出してからご来院ください。
Q:どうして前払いなのですか?
施術後は頭がぼ~としてしまい、支払いをしたのかどうかわからなくなってしまう方がいらっしゃいます。また、明瞭会計にしておくことでリラックスしやすくなると考えています。
Q:担当者と相性が悪い場合、対処してもらえますか?
別の担当者が空いていれば交代させていただきます。空いていない場合、または交代してもしっくり来ない場合には返金させていただきます。当院は、指名料金を頂いておりませんので、相性の良い先生を指名していただくこともできます。女性の先生や男性の先生希望という方法もあります。
Q:施術中は気持ちよかったが翌日痛くなってしまった。
血行が良くなるとヒスタミンやプロスタグランジン等の発痛物質が多量に出る場合があります。治癒反応(これを瞑眩反応という)なので2~3日で落ち着く場合がほとんどです。どうしてもつらい場合、消炎鎮痛剤で自然治癒力を弱めることもできます。3日経っても痛みが改善しない場合、内臓疾患からの痛みや筋・腱・骨の痛みの場合もあるのでお電話でご相談ください。

Q&Aの最終更新日 : 2018-11-15

main_bot.png